ホーム > 組織で探す > 農林水産部 > 園芸農業推進課 > さくらんぼ品種紹介 > さくらんぼ品種紹介

さくらんぼ品種紹介

 

 山形県内で育成されたさくらんぼの品種を紹介します。

                                             注)収穫期は、年により前後することがあります。

 佐藤錦(さとうにしき)

佐藤錦写真

【来  歴】

「黄玉」×「ナポレオン」

山形県東根市の佐藤栄助氏が大正11年に育成した。山形県の栽培面積の75%を占めるさくらんぼの代表品種。 

【特  徴】

大きさは7g前後で、色は黄色地に鮮やかな紅色がつく。甘みと酸味のバランスが良く、肉質は乳白色で非常に良好。

【収穫期】

6月中旬~月初旬

紅秀峰(べにしゅうほう) 

紅秀峰写真

【来  歴】

「佐藤錦」♀×「天香錦」♂

山形県園芸試験場が昭和54年に交配し、平成3年に品種登録。

【特  徴】

大きさは10g前後と大きく、果肉が硬く、日持ち性に優れる。外観が良好で、鮮紅色に着色する。甘みが強く食味が良好で、結実性が良く、豊産性である。

【収穫期】

6月下旬~7月上旬

紅さやか(べにさやか) 

紅さやか写真

【来  歴】

「佐藤錦」♀×「セネカ」♂

山形県園芸試験場が昭和54年に交配し、平成3年に品種登録。

【特  徴】

大きさは5~7gと早生種の中では大きい。果皮色は朱紅色であるが、熟度が進むと紫黒色となる。酸味は「佐藤錦」と比較し多いが、甘酸適和で早生種としては品質良好である。

【収穫期】

6月上旬

 

 紅てまり(べにてまり)

 紅てまり写真

【来   歴】

「ビック」♀×「佐藤錦」♂

山形県園芸試験場が昭和55年に交配し、平成12年に品種登録。

【特   徴】

7月中旬以降に収穫できる極晩生種。果実の大きさは10g以上で極めて大きく、糖度は20%以上で果肉が硬く日持ちも良い。

【収穫期】

7月上旬~7月中旬

紅きらり(べにきらり) 

 紅きらり写真

【来   歴】

「レーニア」♀×「コンパクトステラ」♂

山形県園芸試験場が平成元年に交配し、平成20年に品種登録。

【特   徴】

さくらんぼでは極めて珍しい自家和合性の品種で、自分の花粉だけで結実する。果実は8~9gと大きく、着色・外観が良好で、酸味が少なく食味良好である。

【収穫期】

6月下旬

 紅ゆたか(べにゆたか)

 紅ゆたか写真

【来   歴】

「ビック」♀×「C21-7」 ♂

山形県園芸試験場が平成2年に交配し、平成21年に品種登録。

【特   徴】

佐藤錦より数日早い6月中旬に収穫できる早生品種で、結実は良好。果実の大きさは6~9g程度で、早生品種としては大玉。

【収穫期】

6月中旬

南 陽(なんよう) 

  南陽2写真

【来   歴】

「ナポレオン」♀×「不明」 ♂

山形県農業試験場置賜分場で育成された。交配は昭和32年に交配し、昭和53年に品種登録。

【特   徴】

果実は8~10g程度で、肉質はち密で甘みが多い。

【収穫期】

6月下旬~7月上旬

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報