ホーム > 組織で探す > 農林水産部 > 水産試験場 > 沿革・組織

沿革・組織

 [ 沿 革 ]


   大正 8年 4月  漁労指導船事務所西田川郡加茂町に設置
   大正13年 4月  山形県水産試験場となる
   昭和 6年 9月  初代もがみ丸(鋼船77.92トン、ディーゼル210ps)を建造
   昭和32年12月  第2代最上丸(鋼船104.08トン、ディーゼル270ps)を代船建造
   昭和43年 4月  水産種苗センター設置、ワカメ、アワビ種苗生産開始
   昭和47年 4月  水産試験場本館及びクルマエビ飼育池竣工
   昭和48年 3月  生理生態実験室及び漁労工作室竣工
   昭和49年 3月  第3代最上丸(鋼船136.49トン、ディーゼル700ps)を代船建造
   昭和50年 4月  1課2部制(総務課、海洋資源部、生産開発部)に組織変え
   昭和58年 4月  生産開発部を浅海増殖部に改称
   平成 4年 1月  第4代最上丸(鋼船98トン、ディーゼル900ps)を代船建造
   平成12年 4月  水産種苗センターを廃止し、実験施設を新魚種生産棟(鶴岡市三瀬)に移設

 

 

 [ 組 織 ]


組織図

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報