ホーム > 組織で探す > 産業労働部 > 商工産業政策課(地域産業振興室) > 近代化産業遺産 > 最上川橋梁

最上川橋梁

最上川橋梁の写真1
一世紀を超えても活躍を続ける白鷹の鉄道橋
最上川橋梁(白鷹町)
『最上川橋梁』は、明治20年に東海道線に架設された橋梁を、大正12年に移設したものである。
鮎の里・白鷹町を流れる最上川に架かるこの橋梁は、一世紀を超えても現役の鉄道橋として使用されており、歴史的にも構造的にも貴重な近代土木遺産である。
あらまし
最上川橋梁は、山形鉄道フラワー長井線で使用されている鉄道橋で、もともとは明治20年に旧東海道本線の木曽川に架設されたものである。
当時としては最長である、200フィートの径間をもった「ダブルワーレントラス」という形式の錬鉄製の鉄橋で、英国で製作されたものである。
このような橋梁は、当時の日本の鉄道技術では建造することができず、イギリス人のC.ポーナルの設計で、パテントシャフト&アクスルトリー社製造の物を輸入した。
旧東海道本線に架けられたこの橋梁は、明治22年に新橋駅-神戸駅間が全通した時によるものであるが、時代の変遷とともに機関車の重量が増し、橋梁が強度不足となったために、山形鉄道フラワー長井線(旧国鉄長井線)とJR左沢線に分かれて移設された。
その際、200フィートあった径間を150フィートに短縮・改造して移設された。
構成は、3連のワーレントラスと9連のプレートガーターになっている。
 
最上川橋梁の写真2

橋梁(正面)

最上川橋梁の写真3

橋梁(側面)

最上川橋梁の写真4

ダブルワーレントラスの構造

 
最上川橋梁の写真5

フラワー長井線の列車が走る

最上川橋梁の写真6

最上川に架かる橋梁

最上川橋梁の写真7

9連プレートガーター(左)と3連トラス(右)

 
遺産データ

山形県白鷹町大字荒砥甲字松川
【線路内立ち入り禁止】
・線路内に立ち入っての写真撮影は大変危険です。


名 称最上川橋梁
竣工年1923年(大正12)
所有者山形鉄道株式会社
設計者C.A.W.ポーナル
施工者C.A.W.ポーナル
構 造鉄骨造
 

最上川橋梁の地図

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報