ホーム > 組織で探す > 商工労働部 > 雇用対策課(正社員化・働き方改革推進室) > 雇用対策担当 > 「山形県障がい者雇用優良事業主認定制度」について

「山形県障がい者雇用優良事業主認定制度」について

標記制度について、平成29年10月1日現在、21事業主が認定されました。
県では引き続き多くの優良事業主の方からのご応募、お待ちしております。
 

【平成29年3月30日新認定】

山形精密鋳造

山形精密鋳造株式会社

【平成29年3月30日新認定】

ベア・ロジコ

ベア・ロジコ株式会社

【平成29年3月30日新認定】

山形警備保障

山形警備保障株式会社

【平成29年3月30日新認定】

みなと

株式会社みなと

1 「山形県障がい者雇用優良事業主認定制度」認定優良事業主の紹介

2  認定事業主の要件について

認定要件(以下のすべての要件を満たす事業主が対象)

  1. 県内に所在する事業所全体の障がい者実雇用率が100分の3以上であること。
  2. 障害者等の雇用の促進に関する法第43条第1項に規定する身体障害者又は知的障害者である労働者の数が、県内に所在する事業所全体で2名以上であること。
  3. 特例子会社(法第44条第1項の規定により厚生労働大臣の認定を受けた子会社をいう。)でないこと。
  4. 労働関係法令を遵守していること。
  5. 公序良俗に反する事業を行っていないこと。

認定期間

認定の日から3年間

3 「山形県障がい者雇用優良事業主認定制度」に認定されると            

  1. 「障がい者雇用優良事業主」であることを及びそのシンボルマークなどを会社案内や名刺等に使用できるので、障がい者雇用に積極的に取り組んでいることを、対外的に明示することができます。
  2. 県がホームページ等を通じて企業名や取組内容などを広く紹介します。
  3. ハローワークの求人票の会社特性欄に「山形県障がい者雇用優良事業主」であることを記載できます。
  4. 県が随意契約により物品等を調達する場合、認定事業主が供給できる物品等を選定することについて配慮します。(障がい者雇用推進事業主の登録も必要) 

4 申請書類                                  

以下の申請書に添付書類を添えて県雇用対策課に提出してください。
(添付書類詳細は認定申請書下部に記載していますのでご確認ください。)

詳しくは、

をご覧ください。

5 シンボルマーク

最優秀作品

シンボルマーク 【注記】著作権は山形県に帰属します

作品説明 

山形県を象徴する「さくらんぼ」をモチーフに、障がいのある人もない人も共に働く姿をイメージし、事業主が積極的に働く障がい者を陰で支えるイメージを親しみやすく表現しています。()()

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013-11-05掲載
  • 2014-02-04更新(優良事業主の掲載)
  • 2017-03-16更新(名簿の更新、画像の追加)
  • 2017-04-17更新(名簿の更新、画像の追加)

関連情報