ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 最上総合支庁 > 最上保健企画課(検査室・生活衛生室) > 生活衛生室のページ > 食品衛生 > 食品衛生管理者の設置義務

食品衛生管理者の設置義務

次の食品の製造又は加工を行う場合は、施設ごとに専任の食品衛生管理者を置かなければなりません。

○ 全粉乳(その容量が1,400グラム以下である缶に収められるものに限る)

○ 加糖粉乳

○ 調整粉乳

○ 食肉製品

○ 魚肉ハム

○ 魚肉ソーセージ

○ 放射線照射食品

○ 食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る)

○ マーガリン

○ ショートニング

○ 添加物(食品衛生法第11条第1項の規定により規格が定められたものに限る)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報