ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 村山総合支庁 > 村山生活衛生課 > 村山保健所_食中毒を防ぐためには

村山保健所_食中毒を防ぐためには

 食中毒を防ぐための、食品衛生三原則とよばれる原則があります。

 これをしっかり覚えて、食中毒を予防しましょう。

 食品衛生三原則

1.清潔(細菌をつけない)

  • 手洗いを十分に行う
  • 調理器具類(包丁、まな板、布巾等)は十分に洗浄消毒する
  • 肉や魚、調理済食品等はそれぞれ調理器具を使い分ける

2.迅速・冷却(細菌をふやさない)

  • 温度管理が必要な食品は冷蔵・冷凍保存する
  • 生もの(刺身等)の買い物は最後にする
  • 調理した食品は速やかに食べる
!注意!
近年食中毒の大部分を占める「カンピロバクター」と「ノロウイルス」は
どちらもごく少数の菌やウイルスで感染するため「迅速・冷却」の原則が
意味を成しません。「清潔」「加熱」の原則により、これらの病因物質に
対抗しましょう。

3.加熱(細菌をやっつける)

  • 加熱調理=殺菌工程です
  • 食品は十分に加熱する

  (ほとんどの細菌は中心温度75℃1分、ノロウイルスは中心温度85℃1分)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報