ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 置賜総合支庁 > 置賜生活衛生課 > 動物愛護管理関係 > 置賜保健所 動物愛護管理業務

置賜保健所 動物愛護管理業務

次のキーワードをクリックするとページ内の該当部分へジャンプします。


動物愛護適正飼養
放れた犬の捕獲犬の返還
犬の登録狂犬病予防注射
犬、猫の引取り犬、猫の譲渡
動物取扱業特定動物の飼養許可
化製場 
よくある質問(犬・猫編)その他の動物に関する質問

 

動物愛護及び犬、猫の適正飼育について 

 置賜保健所では、動物の愛護及び管理に関する法律(環境省の該当ページを別のウインドウで開きます。)に基づき、負傷したペットの保護、犬や猫の譲渡のほか、犬や猫などの愛玩動物の適正な飼育の指導及びその相談「よくある質問」へジャンプします。)を受け付けています。

 相談受付時間  8時30分~17時15分 (ただし、土日、祭日を除く)

 

このページのトップへ戻る

 

放れた犬の捕獲及び返還について  犬走る  

 放れた犬の捕獲について

  • 犬が放れている場合、保健所では狂犬病予防法と山形県動物の保護及び管理に関する条例に基づき、犬を捕獲、抑留(つないで飼うこと。)します。→ 置賜保健所 収容動物情報へジャンプします。
  • 捕獲した場所の市役所や町役場では、犬の特徴などの情報を2日間公示します。
  • 飼主が見つからない場合、犬の適性を判断し、適性があれば新たな飼い主に譲渡されます。→置賜保健所の犬猫の新しい飼い主掲示板へジャンプします。
  • 飼い犬がいなくなってしまった場合には、すぐに保健所にご連絡ください。なお、お近くの交番などに情報が寄せられていることもありますので、連絡してください。

 

捕獲した犬の返還について 

  • 飼い主が判明した場合は、犬の返還を行います。
  • 返還の際には、登録の確認を行い、返還手数料として捕獲日当日で4,670円、翌日から抑留日1日につき670円を加算してお支払いいただくことになります。
  • 返還手続きの際は、印鑑と手数料をお持ちください。

 このページのトップへ戻る

 

犬の登録、犬の狂犬病予防注射について  犬の注射 

     米沢市役所 環境生活課 生活安全担当 0238-22-5111(代表)

     長井市役所 市民課 生活環境係 0238-87-0681

     南陽市役所 市民課 環境係 0238-40-3211(代表)

     高畠町役場 生活環境課 環境係 0238-52-1215

     川西町役場 住民生活課 生活環境グループ 0238-42-6618

     小国町役場 町民税務課 町民生活担当 0238-62-2260

     白鷹町役場 町民課 くらし環境係 0238-85-6131

     飯豊町役場 住民税務課 生活環境室 0238-87-0514

 

 

狂犬病予防のため、必ず次のことを行ってください

  • 犬を飼ったら、お住まいの市町村に届出を行うこと。
  • 毎年、犬に狂犬病予防注射をうけさせること。
  • 注射済票(アルミのメダル)は必ず犬につけておくこと。
  • 万一、咬傷(犬に咬まれる)事故が発生した場合は、必ず保健所に届けること。
犬の鑑札

 

注射メダルが愛犬の命を守ります。

万一、愛犬が逃げてしまったとき、保健所では、注射メダル(狂犬病予防注射済票)番号から飼い主さんに連絡をとることができます。個人情報は保護されていますので、必ず首輪に装着してください。置賜地域の市役所、町役場では、置賜地区獣医師会の協力を得て、メダルを簡単に装着できる「結束バンド」を注射会場で配布しています。

注射済票装着推進PR
                         モデル:米沢特産 笹野一刀彫の犬置物

このページのトップへ戻る

 

犬、猫の引取りについて 捨てないで 

  • 犬やねこを最期まで飼うことは飼い主の義務です。新しい飼い主を探す努力をしてください。
  • 飼えなくなった理由によっては引取りを拒否する場合があります。
  • 保健所では、動物の愛護及び管理に関する法律に基づき、どうしても飼えなくなった犬猫を、場所と時間を決めて引取りしています。
  • 保健所が直接、飼い主の方の家まで犬猫を引取りに行くことはありません。飼い主の方は最後まで飼い犬(飼い猫)に対する責任を果たしてください。
  • 生後91日以上の犬は市役所、町役場で登録が必要ですから、引取りの場合には飼い犬として登録してあることが必要です。
  • また、生後91日未満の犬はその母犬が登録していることが必要です。もし登録していないならば市役所又は町役場で登録後に引取りします。
  • 犬やねこを飼えなくなった場合は、まずご相談ください。 

 連絡先:置賜保健所生活衛生課乳肉衛生管理担当

      0238-22-3750(直通)

 

 

このページのトップへ戻る

 

犬、猫の譲渡について  掲示板 

  • 置賜保健所では、捕獲した犬又は引き取った犬、猫の譲渡を行っています。
  • 保健所から犬や猫をもらいたい場合は、事前に譲渡前講習会を受ける必要があります。講習会は毎月第3木曜日午後2時からです。事前にお電話(0238-22-3750)でお申し込み下さい。現在、譲渡できる犬や猫の情報はホームページに掲載しています。詳しくは、下の掲示板リンク先を御覧ください。↓
  • また、犬や猫を人にあげたい方のために置賜総合支庁玄関に「犬猫の新しい飼主探し掲示板」を設置しています。詳しくはこちら⇒置賜保健所(電子版)犬猫の新しい飼主探し掲示板

 
 

動物取扱業について  犬の親子 

  • 動物の販売、展示、保管、訓練、貸出等を業として行う場合は、第一種動物取扱業の登録(→申請書ダウンロード(※別のウインドウを開きます。))が必要です。(営業でない場合でも継続して動物取扱を行う場合は第二種動物取扱業の届出が必要になる場合もあります。)新しく営業を始めたい場合は、事前に御相談下さい。(0238-22-3750)
  • 犬猫の販売をする場合は、毎年5月30日までに、「犬猫等販売業者定期報告届出書」の提出が必要です。
  • ペットショップ(動物取扱業)に対する苦情なども受付しています。

このページのトップへ戻る

 

特定動物の飼養許可について  ヘビ 

  • クマ、ニホンザル、ワシなど特定動物(→リスト ※環境省のホームページを別ウインドウで開きます )を飼うためには、事前に「特定動物の飼養等の許可」が必要です。
  • 飼養施設等に基準があります。飼う前に、必ず、ご相談ください。

このページのトップへ戻る

 

化製場の許可及び届出について

  • 牛、馬、などの家畜や鳥類や魚類の死体を原料として皮革、脂、にかわ、肥料などを製造するには化製場の許可が必要です。
  • また、牛、馬、豚などの死体を解体して埋めたり、焼却するにも「死亡獣畜取扱場」の許可が必要です。
  • 置賜地域内での「化製場」、「死亡獣畜取扱場」の許可申請は置賜保健所生活衛生課で受付けます。申請前にあらかじめ、ご相談ください。

 

 このページのトップへ戻る

 

よくある質問(犬、猫編)

このページのトップへ戻る

 

その他の動物に関する質問

野生動物(タヌキ、ハクビシンなど)については、置賜総合支庁の環境課(0238-26-6035)が担当となります。なお、公共の場所(道路・公園・広場等)で死んでいる野生動物については、市役所又は町役場にご相談ください。

 

 

 

このページのトップへ戻る

山形県置賜総合支庁(置賜保健所)生活衛生課のトップへ戻る

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2017-5-24 動物愛護管理業務について更新しました。
  • 2016-4-20 「動物取扱業について」を更新しました。
  • 2014-1-8 新規作成

関連情報