ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内保健企画課 > 感染症対策担当 > 感染性胃腸炎にご注意ください

感染性胃腸炎にご注意ください

ノロウイルスによる感染性胃腸炎に注意しましょう

腹痛・ノロウイルスは、わずか10~100個程のウイルスで感染します。
・感染者のおう吐物・下痢便には1gに1000万個~1億個以上のウイルスが含まれると言われています。

 

 

 
<感染予防対策1> 手洗いを十分に行いましょう
手洗い・石鹸自体には、手指についたウイルスを殺す力はありませんが、手指からウイルスをはがしやすくする効果があります。
・ノロウイルスに限らず、手洗いは感染症予防全般の基本です。
・手のしわ、指の間、親指の周り、指先、手首は汚れが残りやすいので念入りに洗いましょう。
・洗った手を拭くタオルは共用せず、専用のものかペーパータオルを用意しましょう。
    
 
 
<感染予防対策2> 加熱殺菌を十分に行いましょう
・加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱(目安は85℃、1分以上)
・まな板、包丁、へら、食器等の調理器具や流しは熱湯が有効
・特に加熱用と表示されているカキなどの二枚貝もしっかり加熱
 
 
<感染予防対策3> ふん便・おう吐物を正しく適切に処理しましょう 
★処理方法
1.窓を開け、換気をする。
2.予防衣(マスク、手袋、エプロン等)を身に付け、汚物をペーパータオルで外側から内側に、静かにふき取る。
3.ふき取った汚物や汚れたオムツ等は、すぐにビニール袋の中に入れる。
4.汚染された場所をペーパーで覆い、消毒液(※)をかけ、10分程度放置した後ふき取り、きちんと縛って捨てます。ビニール袋には、消毒液を入れるとより効果的です。
5.手洗い、うがいを十分に行う。
   ※消毒液・・消毒には次亜塩素酸ナトリウムを使用しましょう。他の薬剤では効果が期待できません。

汚物処理・リネン類は洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いしたうえで、0.1%の次亜塩素酸ナトリウムで消毒します。ふとんやカーペットなどすぐに洗えないものは、スチームアイロンなどを使って、高熱にさらします。

・ドアノブや蛇口などの人の手に触れる箇所は、0.02%の次亜塩素酸ナトリウムで拭き取ります。ただし、次亜塩素酸ナトリウムは腐食性があるため、鉄などの金属は錆びることがあるので、金属やおもちゃを消毒した後は10分程度置いて水拭きして下さい。

 

 

<感染性胃腸炎集団発生時の報告用紙(庄内保健所)>

・感染症集団発生報告書様式       【pdf版】  【Word版】

・感染性胃腸炎有症状者調査シート   【pdf版】  【Excel版】

 
 
<参考資料等>
 
  

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ