検索結果

専称寺鐘楼 (せんしょうじしょうろう)


名称(事業名) 専称寺鐘楼
ふりがな せんしょうじしょうろう
指定区分 県指定文化財 建造物
指定年月日 昭和28(1953)年 8月 31日
所在地(市町村) 山形市緑町3-7-67
所有者(実施団体名) 専称寺
概要
(活動状況等)
境内にある鐘楼は、積石壇の上に建っている。柱はケヤキ材、円柱に頭貫・飛貫・腰貫によって固められ、柱上に出三斗を組んで桁を受け、軒は疎垂木、妻は虹梁(こうりょう)上に大瓶束(たいへいづか)を配し、屋根は切妻造で、銅板葺(もと杮葺)である。
建築年代は不詳であるが、細部装飾の手法から、鐘の鋳造された慶長11年(1606年)頃の建築と考えられる。
専称寺は、山形城主最上義光が、二女駒姫の霊を弔うために建立した菩提寺である。
問い合わせ先 公開の有無:有