検索結果

溝延八幡神社本殿 (みぞのべはちまんじんじゃほんでん)


名称(事業名) 溝延八幡神社本殿
ふりがな みぞのべはちまんじんじゃほんでん
指定区分 県指定文化財 建造物
指定年月日 昭和60(1985)年 3月 12日
所在地(市町村) 河北町溝延
所有者(実施団体名) 溝延八幡神社
概要
(活動状況等)
溝延八幡神社の本殿は、棟札によると、寛文7年(1667年)6月に建立した。本殿は一間社流造の、桁行1間(7尺5寸)、梁間1間(6尺)で、正面に向拝をつけている。三方に高欄付の縁が巡り、左右には脇障子を備え、屋根は銅板葺(もと?葺(こけら))である。
江戸時代前期末の一間社流造社殿の秀作といえる。
問い合わせ先 公開の有無:無