検索結果

天満神社本殿・拝殿 (てんまんじんじゃほんでん・はいでん)


名称(事業名) 天満神社本殿・拝殿
ふりがな てんまんじんじゃほんでん・はいでん
指定区分 県指定文化財 建造物
指定年月日 昭和62(1987)年 8月 25日
所在地(市町村) 新庄市堀端6-86
所有者(実施団体名) 天満神社
概要
(活動状況等)
本殿は一間社流造で、屋根茅葺である。拝殿は桁行3間、梁間1間、屋根は入母屋造茅葺である。現在は両殿の間に相の間が造られている。
本殿は円柱に頭貫(かしらぬき)・内法長押(うちのりなげし)・切目長押で、三方に切目縁を巡らすが、脇障子・高欄は無く、組物は舟肘木、軒は二軒半繋垂木と、簡素な造りである。
拝殿は円柱に頭貫・内法長押・切目長押、正面中央に桟唐戸(さんからど)、他はすべて連子窓、三方に高欄付の縁を巡らしている。前面1間に向拝がついている。組物は平三斗で、軒は一軒疎垂木である。妻には蔐懸魚(かぶらげぎょ)を下げている。
問い合わせ先 公開の有無:有