検索結果

旧吉田家住宅 (きゅうよしだけじゅうたく)


名称(事業名) 旧吉田家住宅
ふりがな きゅうよしだけじゅうたく
指定区分 県指定文化財 建造物
指定年月日 平成12(2000)年 10月 31日
所在地(市町村) 山辺町大字畑谷字前田17
所有者(実施団体名) 山辺町
概要
(活動状況等)
桁行18.9㍍、梁間8.1㍍、木造平屋建、寄棟造で、茅葺である。
吉田家は宝永7年(1710年)以来、何回かの幕府巡検使の常宿として、昼食を摂り、休憩に使用された由緒ある屋敷である。当時すでに上座敷・下座敷からなる客座敷を備えた、大規模の上層農家であった。
宝永7年(1710年)5月、巡検使一行を迎えるため、山形城主堀田正虎は、畑谷で接待に当たる作兵衛・作蔵・助右衛門の3軒の家の改修を命じ、大工・木挽25人、左官3人等が、工事に当たった。改修以前の時期を考えても、建築されて以来、約300年は経過している。
当時のこの地における上層民家の姿を、依然留めている点で、平面形状的・架構的にも貴重で、住宅建築史上・民家建築史上においても、重要な遺構と考えられている。
問い合わせ先 山辺町教育委員会
見学の際、事前連絡必要 

公開の有無:無
Tel:023-667-1115