検索結果

紙本淡彩浅絳山水図 田能村竹田筆 (しほんたんさいせんこうさんすいず たのむらちくでんひつ)


名称(事業名) 紙本淡彩浅絳山水図 田能村竹田筆
ふりがな しほんたんさいせんこうさんすいず たのむらちくでんひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 山形市大手町1-63
所有者(実施団体名) (公財)山形美術館
概要
(活動状況等)
浅絳山水というのは、樹木や岩などに淡い赤の彩色を施した山水画で、絳は茜染を意味するが、画では一般に代赭を顔料として用いた。描かれているのは、渓谷に住む高雅な友人を訪れる場面。「秋渓訪友画」「渓村訪友画」と呼ばれ、文人に好まれた画題である。
田能村竹田は樹木・家屋、人物の衣などに代赭を加え、また一部に対照的な藍色を点じて、色彩効果を高めている。
右上の「丁亥九月」の年紀から、文政10年(1827年)、竹田の51歳の作とわかる。
縦52.7㎝、横90.7㎝
問い合わせ先 山形美術館
期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
ホームページ:紙本淡彩浅絳山水図 田能村竹田筆
Tel:023-622-3090