検索結果

絹本墨画十六羅漢図 無款 (けんぽんぼくがじゅうろくらかんず むかん)


名称(事業名) 絹本墨画十六羅漢図 無款
ふりがな けんぽんぼくがじゅうろくらかんず むかん
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 酒田市相生町
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
十六羅漢図」は、もともと16幅あったものであろうが、現在は11幅である。この羅漢図は朝鮮画で、李朝初期か、少し下った時代であろうといわれてきた作品である。
この羅漢画には筆著の款名がなく、木筆と毛筆を併用した画は、中国や日本にも見ることができない。この羅漢が乗っている獅子は迫力があり、朝鮮人のリアリズムに基づくものが感じられる。
羅漢の乗った獅子の大きく開いた眼光と恐ろしい表情が現れ、そして力強く描きあげた立髪は、炎のように生々しく、質感は朝鮮の?毛画の伝続を継承している。
画面全体は緊張感を漂わせ、一種の怪気が見られる。
各縦90.8cm、横40.3㎝
問い合わせ先 公開の有無:有