検索結果

紙本淡彩俳画巻 渡辺崋山筆 (しほんたんさいはいがかん わたなべかざんひつ)


名称(事業名) 紙本淡彩俳画巻 渡辺崋山筆
ふりがな しほんたんさいはいがかん わたなべかざんひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和34(1959)年 12月 4日
所在地(市町村) 酒田市日吉町
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
本作品は、海防方針を著わした『慎機論』で、蛮社の獄に連座し、自刃して果てた渡辺崋山の作である。
俳画巻は、芭蕉の句18首と、其角・去来・支考・許六の画像、それに、芭蕉の句意を軽妙なる筆遣いで書き上げている。
春なれや名もなき山の朝霞
花のかけうたひににたる旅寝哉
さかづきに泥な落してむら燕
蝶の飛ばかり野中の日かげかな
草の葉を落るより飛ぶほたるかな
行末は誰が肌ふれむ紅の花
珍しや山を出羽のはつ茄子(以下略)
辛巳四月下澣、鑒於鴨屋寓楼
渡辺諧
上の「辛巳」は文政4年(1822年)のことで、崋山28歳の時の作品である。
縦26.9㎝、横675.3㎝
問い合わせ先 公開の有無:有