検索結果

絹本淡彩 御殿山品川汐干狩図 日本海晏寺奥山海苔取遠望図 安藤広重筆 (けんぽんたんさい ごてんやましながわしおひがりず にほんかいあんじおくやまのりとりえんぼうず あんどうひろしげひつ)


名称(事業名) 絹本淡彩 御殿山品川汐干狩図 日本海晏寺奥山海苔取遠望図 安藤広重筆
ふりがな けんぽんたんさい ごてんやましながわしおひがりず にほんかいあんじおくやまのりとりえんぼうず あんどうひろしげひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和34(1959)年 12月 4日
所在地(市町村) 天童市大字寺津
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
桜花らんまんのころ、御殿山から品川沖を望み、中景に汐干狩の人びとの影がみえる。もう一幅は紅葉を近景に、村むらの海辺のかなたに海苔採りを遠望する。それぞれに「立斎」の落款がある。
広重は、27歳ころから浮世絵に専念した。そして「東海道五十三次」「名所百景」など、多くの名作版画を世に出した。
広重は、また天童藩織田家の江戸詰用人木村宮之助や、家老の吉田専左衛門と狂歌の仲間として親交があり、また同藩医の田野文仲ともかかわりがあり、求めに応じて肉筆画を多く描いている。織田藩ではそれらを財政の一助とし、豪商などに配った。天童市内には、他に6点の広重肉筆画が現存するが(すべて天童市文化財指定)、これらは「天童広重」として世に珍重されている。
各縦90.4㎝、横30.1㎝
問い合わせ先 公開の有無:有