検索結果

紙本著色紅花屏風 青山永耕筆 六曲屏風 (しほんちゃくしょくべにばなびょうぶ あおやまえいこうひつ ろっきょくびょうぶ)


名称(事業名) 紙本著色紅花屏風 青山永耕筆 六曲屏風
ふりがな しほんちゃくしょくべにばなびょうぶ あおやまえいこうひつ ろっきょくびょうぶ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和37(1962)年 1月 12日
所在地(市町村) 山形市大字山寺字南院4223
所有者(実施団体名) 山寺芭蕉記念館保管
概要
(活動状況等)
 江戸時代に、「最上紅花」の名で知られた山形の特産品紅花の栽培から、加工製造や流通までを描いた屏風。
 六田は紅花生産の中心地で、画家の青山永耕にとって見慣れた情景だったのだろう。右隻から、豊作を祈る春祭り、種蒔きと花摘み、花踏みや花寝かせの作業を経て、花餅のできるまでを、大勢の人物表現により活写している。
 左隻には、出荷の様子と、敦賀港に入る約20艘の紅花船を描き、帆には山形の紅花商人の屋号がみえる。
 最後は京都の紅花問屋の店先と取引の場面で、歴史資料としても貴重である。
各縦156.5㎝、横366.0㎝
問い合わせ先 期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:紙本著色紅花屏風 青山永耕筆 六曲屏風