検索結果

紙本著色紅花図 横山華山筆 六曲屏風 (しほんちゃくしょくべにばなず よこやまかざんひつ ろっきょくびょうぶ)


名称(事業名) 紙本著色紅花図 横山華山筆 六曲屏風
ふりがな しほんちゃくしょくべにばなず よこやまかざんひつ ろっきょくびょうぶ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和37(1962)年 1月 12日
所在地(市町村) 山形市大手町1-63
所有者(実施団体名) (公財)山形美術館
概要
(活動状況等)
本屏風は、京都の紅花問屋・伊勢屋理右衛門の依頼により描いたものである。華やかで洗練された色調と、対象を的確に捉える柔らかな線描が素晴らしい。邸の前でけんかをする男たち、仕事の合間に乳を含ませる女、座敷で談笑する商人たちの表情が、生き生きとしている。
右隻は文政6年(1823年)、左隻は文政8年(1825年)と、製作に2年間の開きがある。場所も、紅花餅の大きさなどから、右隻が武州(埼玉県)地方、左隻が奥州大河原(宮城県)地方と考えられている。京都の祇園祭では、伊勢屋の店頭に飾られ、評判を呼んでいたこの屏風は、明治初年(1868)に山形十日町の紅花商に譲られたものである。各縦154.3㎝、横357.0㎝
問い合わせ先 山形美術館
期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
ホームページ:紙本著色紅花図 横山華山筆 六曲屏風
Tel:023-622-3090