検索結果

紙本淡彩若竹蜻蛉図 高橋草坪筆 (しほんたんさいわかたけとんぼず たかはしそうへいひつ)


名称(事業名) 紙本淡彩若竹蜻蛉図 高橋草坪筆
ふりがな しほんたんさいわかたけとんぼず たかはしそうへいひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和38(1963)年 12月 20日
所在地(市町村) 山形市大手町1-63
所有者(実施団体名) (公財)山形美術館
概要
(活動状況等)
 高橋草坪(1802?~33)は、名を雨、字を元吉という。豊後(大分県)杵築の商家に生まれ、少年時代より画を好み、若くして他界した。遺作は少ないが、いずれも品格の高い画である。
 中央下方には、細密な描写の奇石、その左脇に、すっと伸びた若竹が簡潔な筆で描かれ、その先端には
赤いとんぼ(蜻蛉・蜻蜓)が止まり、羽を休めている。右端に「御餘深港無人過、只有蜻蜓立筍尖」の画賛と、「辛卯初冬写、於胸中有佳処、草坪雨」の款記が、一行にすっきりと書かれている。
 唐の詩人杜甫にも、「翡翠鳴衣桁、蜻蜓立釣絲」の詩句があり、草坪は胸中に浮かんだこうした詩的情景を、細長い絵画空間のなかに巧みに表現している。辛卯すなわち天保2年(1831)の作である。長谷川吉郎家より山形美術館に寄贈。
 縦108.5cm、横31.5cm
問い合わせ先 山形美術館
期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
ホームページ:紙本淡彩若竹蜻蛉図 高橋草坪筆
Tel:023-622-3090