検索結果

絹本著色長福寺三千仏 (けんぽんちゃくしょくちょうふくじさんぜんぶつ)


名称(事業名) 絹本著色長福寺三千仏
ふりがな けんぽんちゃくしょくちょうふくじさんぜんぶつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和47(1972)年 1月 17日
所在地(市町村) 鶴岡市湯田川乙35
所有者(実施団体名) 長福寺
概要
(活動状況等)
 寺伝に、「当寺の什物に三大幅の三千仏画像の軸あり。恵心僧都の筆にて、人皇第七十三代白河院の御宇、源義家公立願成就によりて奉納せられしと云伝ふ」とある。
 ただ、恵心僧都筆としているが、画法等からみて、南北朝時代ごろの作と推定されている。
 1幅に中尊を含めて1005体の仏が描かれ、それが3幅対であるから、「三千仏」と称されているわけである。
 1幅は阿弥陀如来を中尊、次幅は釈迦如来を中尊、他の1幅は弥勒菩薩を中尊として、過去・現在・未来にいる、各1千余の仏たちが描かれている、大曼荼羅ともいえる大画像で、極めて貴重な仏画である。
各縦185.0㎝、横153.3㎝
問い合わせ先 春、秋の公開日のみ展示

公開の有無:有
Tel:0235-35-2226