検索結果

絹本著色釈迦十六善神図 (けんぽんちゃくしょくしゃかじゅうろくぜんじんず)


名称(事業名) 絹本著色釈迦十六善神図
ふりがな けんぽんちゃくしょくしゃかじゅうろくぜんじんず
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和60(1985)年 8月 16日
所在地(市町村) 南陽市竹原655-1
所有者(実施団体名) 龍雲院
概要
(活動状況等)
 この画幅は3幅1対で、中央に釈迦如来、左右の幅に十六善神・文殊・普賢両菩薩、常啼(じょうたい)菩薩と大迦葉、玄奘三蔵と深沙大将(じんじゃだいしょう)がそれぞれほぼ左右対称に描かれている。
 中央幅の釈迦は、衲衣(のうえ)部に截金で卍宇つなぎ、蓮華唐草・亀甲・麻の葉つなぎなどの文様をあらわし、手印は右施無畏(せむい)印、左与願(よがん)印の坐像で、釈尊の裳裾が、蓮華座の左右の端より長く垂下するところに特色がある。
 彩色も朱・緑青・群青・金泥などを用い、着衣・甲冑・武器・頭髪や髭まで丁寧、巧みに表現している。京の優れた絵仏師の手によるもので、鎌倉後期の作と推定されている。
中央幅縦107.5㎝、横40.0㎝
右の幅縦107.8㎝、横40.0㎝
左の幅縦107.5㎝、横40.0㎝
問い合わせ先 曹洞宗 龍雲院
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
Tel:0238-47-7424