検索結果

木造阿弥陀如来立像(秘宝館安置) (もくぞうあみだにょらいりゅうぞう(ひほうかんあんち))


名称(事業名) 木造阿弥陀如来立像(秘宝館安置)
ふりがな もくぞうあみだにょらいりゅうぞう(ひほうかんあんち)
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和27(1952)年 4月 1日
所在地(市町村) 山形市大字山寺4456-1
所有者(実施団体名) 立石寺
概要
(活動状況等)
本像は寄木造であるが、惜しくも左手先と右体側部を欠失している。したがって寺では、阿弥陀如来像と呼んでいるが、本来の尊名は不明である。
頭部の大粒の螺髪(らほつ)は施毛形で、肉髻珠(にっけいしゅ)・白毫相(びゃくごうそう)をあらわしている。髪際(はつさい)は一線をなし、面容は、釈迦如来立像と良く似て温和であるが、彫眼であるのが相違している。肉髻珠と白毫は、ともに欠失している。
製作は、鎌倉時代後期(13世紀後半)、中央仏師の作と考えられる。
(像高53.0㎝)
問い合わせ先 立石寺
期間限定での公開(4月末~11月末)

公開の有無:有
Tel:023-695-2003