検索結果

木造釈迦如来立像(釈迦堂安置) (もくぞうしゃかにょらいりゅうぞう(しゃかどうあんち))


名称(事業名) 木造釈迦如来立像(釈迦堂安置)
ふりがな もくぞうしゃかにょらいりゅうぞう(しゃかどうあんち)
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和30(1955)年 10月 25日
所在地(市町村) 山形市大字釈迦堂66
所有者(実施団体名) 法来寺
概要
(活動状況等)
この釈迦如来立像は、いわゆる「清凉寺式釈迦像」といわれる、独特な様式を持つ仏像である。
右手は上げて施無畏印(せむいいん)、左手は下げて与願印を結び、頭部は網目状で、渦を巻いた独特の髪形であり、首元から腹部にかけて、同心円状に幾重にも衣文の襞を表現しているのも、この清凉寺式釈迦像の特徴である。
この釈迦如来立像は、鎌倉時代のものである。この形式のものは、東北地方では、本像を含めて3体が知られている。
(像高124.2㎝)
問い合わせ先 法来寺
公開は1月1~3日のみ
ただし事前連絡により随時公開可

公開の有無:有
Tel:023-629-2712