検索結果

木造阿弥陀如来立像(本堂安置) (もくぞうあみだにょらいりゅうぞう(ほんどうあんち))


名称(事業名) 木造阿弥陀如来立像(本堂安置)
ふりがな もくぞうあみだにょらいりゅうぞう(ほんどうあんち)
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和30(1955)年 10月 25日
所在地(市町村) 米沢市万世町堂森375
所有者(実施団体名) 善光寺
概要
(活動状況等)
この像は一般に「みかえり弥陀」と呼ばれているように、後ろを振り返っている姿をしている。左向きで顔をやや下に向け、上?を左に捻り、右手の肘を曲げ、上腕を前に上げ、左肩をおろして左腕を伸ばしている。両手首から先は後補である。
螺髪(らほつ)は大きく、肉髻(にっけい)は低く幅広く、髪際(はつさい)は弧を描いている。玉眼でなく彫眼なのは、古様を示している。面相は優しく慈愛にあふれている。
横向きの姿勢が婉麗で、衣文が美しく、衣に動きがある。
製作は鎌倉時代後期と考えられる。ヒノキの寄木造で、漆箔である。
像高(?(ほぞ)共)50.8㎝
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:木造阿弥陀如来立像(本堂安置)