検索結果

銅造如意輪観音坐像(拝殿安置) (どうぞうにょいりんかんのんざぞう(はいでんあんち))


名称(事業名) 銅造如意輪観音坐像(拝殿安置)
ふりがな どうぞうにょいりんかんのんざぞう(はいでんあんち)
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和30(1955)年 10月 25日
所在地(市町村) 鶴岡市青龍寺字金峯1
所有者(実施団体名) 金峯神社
概要
(活動状況等)
銅造の本像は、金峯神社の旧如意輪堂に安置されていたと伝えられる。
輪王坐をした一面六臂像で、頭・体部は前後合わせ型によって鋳成し、腕部は左右3本ずつ、肩部ではめ込んでいる。6臂の持物は失われている。頂髻は低く、天冠台がある。右手は掌を立て、少し小指を開いて頬に当て、頭を傾ける思惟(しゆい)の姿で、すぐれた技法をもって鋳成された好像である。
(像高18.2㎝)
問い合わせ先 期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
ホームページ:銅造如意輪観音坐像(拝殿安置)
Tel:0235-23-7863