検索結果

木造薬師如来坐像 (もくぞうやくしにょらいざぞう)


名称(事業名) 木造薬師如来坐像
ふりがな もくぞうやくしにょらいざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和32(1957)年 8月 16日
所在地(市町村) 酒田市本楯字新田目120
所有者(実施団体名) 薬師神社
概要
(活動状況等)
顔の表情は柔和で、実にきちんと整っていて美しい。面輪(おもわ)円満、眉長く伸び、伏した眼が優しく、鼻梁は額から一直線に下り、大きな希臘(ぎりしゃ)鼻である。したがって一段とこの像を端麗な姿にしている。人中はくぼみ、唇は穏やかである。肉髻(にっけい)が高く、平安時代後期によく見られ、螺髪(らほつ)は細やかである。衲衣(のうえ)の衣のひだは鋭い刀法による鎬(しのぎ)があり、平安期の木彫に特有の飜波(ほんぱ)式の衣文の名残を留めている。
ヒノキの一木造で、膝の前を矧いでいるが、一木造の壮重さも見せている。
(像高84.8㎝)
問い合わせ先 公開の有無:有