検索結果

木造聖観音立像 (もくぞうしょうかんのんりゅうぞう)


名称(事業名) 木造聖観音立像
ふりがな もくぞうしょうかんのんりゅうぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和35(1960)年 12月 16日
所在地(市町村) 飯豊町大字中字虎吉沢1956-22
所有者(実施団体名) 天養寺(飯豊町)
概要
(活動状況等)
 この像はカツラの一木造で、内刳りは全く施されていない。像の表面には彩色のあとが認められず、古色な素地(きじ)のままで、像高は179.8㎝あり、光背も台座も失われて現存しないが、堂々とした体?である。
 面相はふっくらとして童顔に近く、おおらかな眉弧・長い耳、伏し目がちな彫眼・鼻・唇などは、藤原期のものに近い。裳を着け、
両肩から垂下した天衣の2条が、脚部にまで垂れている。
製作年代は藤原時代中期あたりと思われる。
問い合わせ先 公開の有無:無