検索結果

銅造観音菩薩立像 (どうぞうかんのんぼさつりゅうぞう)


名称(事業名) 銅造観音菩薩立像
ふりがな どうぞうかんのんぼさつりゅうぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 昭和62(1987)年 8月 25日
所在地(市町村) 白鷹町大字高玉1207-1
所有者(実施団体名) 円福寺
概要
(活動状況等)
 この聖観音像は、かつて火災に遭い、顔面部(特に両頬の下部と下顎)が荒れている点を除けば、保存状態は比較的良好である。
 幼児を思わせる大きな頭部や、面相やプロポーション、また複連点文を多用した装飾技法、冠帯や胸飾の形式、?型による中型を用いない鋳造法から見て、7世紀末の白鳳時代の小金銅仏の特色をそなえており、東北地方では数少ない古代小金銅仏の作例として、貴重である。
(像高29.5㎝)
問い合わせ先 円福寺
見学の際、事前連絡必要 

公開の有無:無
Tel:0238-85-5295