検索結果

木造阿弥陀如来立像 (もくぞうあみだにょらいりゅうぞう)


名称(事業名) 木造阿弥陀如来立像
ふりがな もくぞうあみだにょらいりゅうぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成2(1990)年 6月 29日
所在地(市町村) 米沢市窪田町窪田1861
所有者(実施団体名) 千眼寺
概要
(活動状況等)
千眼寺本堂左手に、勢至菩薩坐像・釈迦如来立像とともに、3体安置されているうちのもっとも左側にある。
寄木造で表面は金泥塗りである。通肩で来迎印を結んでいる。足元に特徴があり、両足裏に?(ほぞ)を設けず仏足文を描き、左足をやや外側に向けている。
肉髻(にっけい)の盛り上がりが極端に低く、目には玉眼を入れている。面相は引き締まってよく整い、細部にわたって巧みにまとめられている。鎌倉時代後期(13世紀後半)の作とみられる。
(像高99.6㎝)
問い合わせ先 千眼寺
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
Tel: 0238-43-2918