検索結果

木造勢至菩薩坐像 (もくぞうせいしぼさつざぞう)


名称(事業名) 木造勢至菩薩坐像
ふりがな もくぞうせいしぼさつざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成2(1990)年 6月 29日
所在地(市町村) 米沢市窪田町窪田1861
所有者(実施団体名) 千眼寺
概要
(活動状況等)
本像は、現在、本堂左手の瑞光殿の中に、阿弥陀・釈迦立像とともに安置されている。
割矧造で漆箔が施され、像内の内刳り面にも、首から下に金箔を押している。このような入念な仕上げは、県内では唯一である。やや面長で、彫眼によるまぶたの見開きの小さな面相、螺髻(らほつ)や天冠台などの形式からしても、平安時代末期(12世紀後半)の特色が認められる。
等身をこえる大きさの坐像で、合掌印を結ぶ。12世紀代の作ではあるが、保存状態は極めて良好である。
(像高87.6㎝)
問い合わせ先 千眼寺
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
Tel: 0238-43-2919