検索結果

木造阿弥陀如来坐像 (もくぞうあみだにょらいざぞう)


名称(事業名) 木造阿弥陀如来坐像
ふりがな もくぞうあみだにょらいざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成7(1995)年 12月 8日
所在地(市町村) 新庄市下金沢町8-5
所有者(実施団体名) 接引寺
概要
(活動状況等)
本像は坐高137㎝の半丈六仏で、両眼は水晶、まぶたの見開きが大きく、面貌が厳しく、胸と腹の筋肉がたくましく盛り上がり、力強さを印象づける。頭部の螺髪(らほつ)は切子形で、肉髻珠(にっけいしゅ)・白毫相(びゃくごうそう)をあらわしている。
製作年代は、着衣形式や頭・体のプロポーションが極めてオーソドックスであること、大衣の襞や折り返しが自然で、装飾的な変化がないこと、衣に厚ぼったさのないことなどから、13世紀前半の鎌倉時代とされている。
鎌倉時代の仏像では、県内で最大の坐像の1つである。
問い合わせ先 接引寺
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
Tel: 0233-22-3174