検索結果

木造聖観音菩薩坐像 (もくぞうしょうかんのんぼさつざぞう)


名称(事業名) 木造聖観音菩薩坐像
ふりがな もくぞうしょうかんのんぼさつざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成12(2000)年 5月 2日
所在地(市町村) 河北町西里673
所有者(実施団体名) 永昌寺
概要
(活動状況等)
 時代は鎌倉時代後期、木造、古色、玉眼で、白毫(びゃくごう)は水晶である。高髻を結んで天冠台をつけている。頭髪は髻(もとどり)を含めて、すべて毛筋彫りである。両肩から上膊部を天衣でおおい、天衣はさらに両臂の後ろで輪をつくり、両前膊にかかって左右にひろがっている。
 左肩から右脇腹に条帛をかけ、腰から下に裙をつけている。両腕を屈臂(くっぴ)し、左手は軽く握り、右手は胸前で第1・2指を捻ずる。右足を左臑の前に出して安坐している。
 鎌倉期特有の高い髻、鼻筋の通った端正な面貌、写実的な衣文の流れ、巧みな彫技や厚みのある体躯などは見事である。
(像高62.5㎝)
問い合わせ先 永昌寺 

公開の有無:有
Tel:0237-72-3022