検索結果

木造薬師如来坐像 (もくぞうやくしにょらいざぞう)


名称(事業名) 木造薬師如来坐像
ふりがな もくぞうやくしにょらいざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成12(2000)年 10月 31日
所在地(市町村) 鮭川村大字向居1083
所有者(実施団体名) 向居文化遺産保存委員会
概要
(活動状況等)
本像は寄木造で彫眼、古色仕上げである。製作当初は漆箔像であったと思われる。
本像の面貌は、平安後期らしい丸顔の伏目に表されているが、目尻が少し吊り上がり、定朝風の温雅でゆったりとした感じではなく、どこか強さを感じさせる。また衲衣(のうえ)の襞数がやや多めに刻まれている点も目を引く。こうした傾向は、平安後期の中でも12世紀半ば以降に多くなるので、本像の製作時期も、12世紀後半に位置づけられると思われる。
(像高89.6㎝)
問い合わせ先 鮭川村中央公民館
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
Tel: 0233-55-3051