検索結果

木造天部形立像 (もくぞうてんぶぎょうりゅうぞう)


名称(事業名) 木造天部形立像
ふりがな もくぞうてんぶぎょうりゅうぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成22(2010)年 4月 30日
所在地(市町村) 山形市大字千手堂509
所有者(実施団体名) 吉祥院
概要
(活動状況等)
 木造素地で、頭頂部は欠損している。連珠文帯二条の天冠をつけ、正面に花弁形を重ねた頭飾がある。髪際(はつさい)は疎ら彫りで鬢髪(びんぱつ)二条が両耳を渡り、目は両眼のほかに額に一眼を刻み、長袂衣(ちょうけつい)の上に鰭袖(ひれそで)のついた衣を着し、腰帯を締め、両足先を揃えて亀の上に立っている。
 一木造で像の前面は一材から彫出し、背面に材をはぎつけ、両手首から先は欠損している。像高は本体95.5㎝、亀座長38.5㎝である。袖内側と耳の中に白い下地の痕跡が残り、当初は彩色像であったことを窺わせる。製作年代は平安後期(12世紀後半)である。
問い合わせ先 宗教法人 吉祥院
見学の際、事前連絡必要 

公開の有無:有
Tel:023-684-8026 
Fax:023-684-8026