検索結果

木造阿弥陀如来坐像 (もくぞうあみだにょらいざぞう)


名称(事業名) 木造阿弥陀如来坐像
ふりがな もくぞうあみだにょらいざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成22(2010)年 4月 30日
所在地(市町村) 大江町大字三郷丙
所有者(実施団体名) 護真寺
概要
(活動状況等)
 木造で肉身部は漆箔、肉髻珠(にっけいしゅ)・白毫(びゃくごう)は水晶で彫眼されている。正面地髪部の螺髪(らほつ)は旋毛形、他の螺髪は切子形で耳朶は貫通している。右足を上にして結跏趺坐(けっかふざ)し、腹前で阿弥陀の定印を結んでいる。一木造で頭・体の根幹部は一材から彫出し、背面部に別材をはぎつけ、左右の腰脇に三角材を補い、両脚部は横木三材で構成されている。像高は139.5㎝である。
 頭・体の根幹部の前面材は当初の材がかなり残っている。それ以外は後補材が多くなっている。製作年代は平安後期(12世紀)である。
問い合わせ先 住職 渡辺良仁 

公開の有無:有
Tel:0237-86-6228