検索結果

神輿 (しんよ)


名称(事業名) 神輿
ふりがな しんよ
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和27(1952)年 4月 1日
所在地(市町村) 東根市大字東根甲
所有者(実施団体名) 若宮八幡神社
概要
(活動状況等)
 若宮八幡神社の神輿は、露盤(ろばん)までの高さ83㎝の小さいものであるが、全面黒漆塗りの造りで、扉・勾欄・斗きょうなどに、金箔を施した跡がみられる、重厚なものである。
屋根は露盤のついた宝形造り、二重繁垂木の手のこんだ作りで、露盤の上には、高さ29㎝の金属製の鳳凰を配している。
 四方各面の蟇股(かえるまた)は、藤原時代様式の名残をとどめ、露盤や檀の格狭間(こうざま)、勾欄の擬宝珠(ぎぼし)は、鎌倉時代の様式とされている。
 神社の縁起によれば、鎌倉鶴ケ岡八幡宮の神人(じにん)、三浦下野守平為澄が、宝治元年(1247年)6月、政争に敗れて出羽に逃れた折に、8名の部下とともに、奉持してきた神輿と伝えている。
問い合わせ先 期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有