検索結果

葡萄栗鼠蒔絵 刀筒 (ぶどうりすまきえ かたなづつ)


名称(事業名) 葡萄栗鼠蒔絵 刀筒
ふりがな ぶどうりすまきえ かたなづつ
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和28(1953)年 8月 31日
所在地(市町村) 酒田市御成町7-7
所有者(実施団体名) (公財)本間美術館
概要
(活動状況等)
 太刀形に湾曲した刀筒である。鍔の部分が膨らんで、印籠蓋(いんろうぶた)造に仕立てた口となり、口には掛金具と蝶番(ちょうつがい)を取付けている。刀筒は総体を黒漆塗とし、葡萄と栗鼠を曲面全面に巧みに描いている。
 栗鼠は金の薄肉高蒔絵に付描(つけがき)で尾を描き、葡萄の葉には、金平蒔絵が用いられ、葉の一部に、砂子の薪き分けによって濃淡をつける、絵梨子地の手法を取り入れている。
葡萄の実は、金平蒔絵の輪郭線と螺鈿(らでん)を用いて表わし、配置も巧みで、器面にアクセントを与えている。伸びやかな葡萄と、生き生きとした栗鼠の文様が、この刀筒を魅力あるものとしている。
近世初期の洗練された作風を示す漆芸品として貴重であり、さらに古作の刀筒としても、稀な作品である。
(長さ113.0cm、口径11.9cm)
問い合わせ先 東京国立博物館寄託

公開の有無:有
ホームページ:葡萄栗鼠蒔絵 刀筒
Tel:0234-24-4311