検索結果

狩衣(納戸地花菱亀甲鳳凰模様) (かりぎぬ(なんどじはなびしきっこうほうおうもよう))


名称(事業名) 狩衣(納戸地花菱亀甲鳳凰模様)
ふりがな かりぎぬ(なんどじはなびしきっこうほうおうもよう)
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和28(1953)年 12月 17日
所在地(市町村) 鶴岡市黒川字宮の下291
所有者(実施団体名) 春日神社保管
概要
(活動状況等)
花菱亀甲の上に、大胆な金糸の鳳凰を表し、威厳を放っている。天保14年(1843年)2月、鶴岡城中での演能の折、藩主酒井忠発(ただあき)より拝領したと推察される(春日神社所蔵『拝領装束目録』より)。
紺地に金であしらった絵柄が、気品と同時に雄々しさを醸し出しており、ワキ能の「難波」の後シテのような、神や神霊を演ずるのに適した狩衣である。
(裄104.0cm、丈(後)165.4cm)
問い合わせ先 傷みの少ないものに限り不定期で公開

公開の有無:有