検索結果

唐織(白地、雲、なでしこ、藤模様) (からおり(しろじ、くも、なでしこ、ふじもよう))


名称(事業名) 唐織(白地、雲、なでしこ、藤模様)
ふりがな からおり(しろじ、くも、なでしこ、ふじもよう)
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 鶴岡市黒川字宮の下291
所有者(実施団体名) 春日神社保管
概要
(活動状況等)
江戸時代中期の特長をそなえている。明治22年(1889年)、旧藩主酒井忠篤から購入したものである(蛸井伊右衛門家所蔵『払い下げ品目録』より)。
藤・撫子と金糸の雲の段柄が、ゆったりした空間をつくり出し、優雅さを漂わせている。
紅色を使わないものを紅(いろ)無しといい、紅無しの唐織は、中年以上の女役に用いる。この唐織は、「櫻川・隅田川」などの狂い物のシテにも、十分着用できる。
(裄68.0cm、丈148.0cm)
問い合わせ先 黒川能の里 王祇会館
期間限定での公開
公開には関係者の許可必要

公開の有無:有
Tel:0235-57-5310