検索結果

縫箔(七宝繋桐模様胴箔地) (ぬいはく(しっぽうつなぎきりもようどうはくじ))


名称(事業名) 縫箔(七宝繋桐模様胴箔地)
ふりがな ぬいはく(しっぽうつなぎきりもようどうはくじ)
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 鶴岡市黒川字宮の下291
所有者(実施団体名) 春日神社保管
概要
(活動状況等)
地一面に金箔を摺り込んだ胴箔地というもので、非常な豪華さを持ち、貴重な逸品である。江戸時代中期の品と思われる。
酒井家よりの拝領品と伝えられるが、品目資料にはこれに見合う縫箔はない。
摺箔や縫箔は、女役の着付けとして用いる場合がほとんどであり、「草紙洗小町・井筒・杜若・巴」などの、シテ(主役)の着付として最適である。
(裄65.8cm、丈147.0cm)
問い合わせ先 黒川能の里 王祇会館
期間限定での公開
公開には関係者の許可必要 

公開の有無:有
Tel:0235-57-5310