検索結果

長絹(紫地帆掛舟に松模様金入) (ちょうけん(むらさきじほかけぶねにまつもようきんいり))


名称(事業名) 長絹(紫地帆掛舟に松模様金入)
ふりがな ちょうけん(むらさきじほかけぶねにまつもようきんいり)
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 鶴岡市黒川字小在家33
所有者(実施団体名) 黒川能下座
概要
(活動状況等)
江戸時代中期の様式を持っている。藩主酒井氏からの装束の拝領は、元禄から明治まで続くが、品目資料には、これに見合う長絹(ちょうけん)はない。紫地に金糸の松が大胆に表現され、引き締まった優美さがあり、格調高い一品にしている。
長絹は、鬘物(かずらもの)や天女・天人などの役に着用し、舞を中心とする役に用いる。この柄からは、平家の公達や、義経役の子方でもおもしろい。
(裄102.0cm、丈(前)105.6cm)
問い合わせ先 傷みの少ないものに限り不定期で公開

公開の有無:無