検索結果

縫箔(白地檜垣松藤模様) (ぬいはく(しろじひがきまつふじもよう))


名称(事業名) 縫箔(白地檜垣松藤模様)
ふりがな ぬいはく(しろじひがきまつふじもよう)
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 鶴岡市黒川字小在家33
所有者(実施団体名) 黒川能下座
概要
(活動状況等)
縫箔(ぬいはく)とは刺繍と金銀の箔により文様をあらわした衣装をいい、この縫箔は江戸時代元禄期の様式を持っている。明治22年(1889年)に旧藩主酒井忠篤より購入したものと思われる(蛸井(たこい)伊右衛門家所蔵『払い下げ品目録』より)。
松・藤の刺繍を背・袖と裾に施し、帯とともに引き立つ構図である。
「当麻(たえま)」などの老女や、中年層の女役の着付け(内着)に適している。その他、紅が幾分入っているが、紅(いろ)無しとして、上着(表着)としても活用できる。
(裄67.5cm、丈144.5cm)
問い合わせ先 傷みの少ないものに限り不定期で公開

公開の有無:有