検索結果

縫箔(胴箔地牡丹に扇面模様) (ぬいはく(どうはくじぼたんにせんめんもよう))


名称(事業名) 縫箔(胴箔地牡丹に扇面模様)
ふりがな ぬいはく(どうはくじぼたんにせんめんもよう)
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 鶴岡市黒川字小在家33
所有者(実施団体名) 黒川能下座
概要
(活動状況等)
江戸時代中期の様式を持っているが品目資料には、これに見合う縫箔(ぬいはく)はない。
縫箔とは刺繍と金銀の箔により文様をあらわした衣装をいい、着付けとして使用される場合が多い。
この縫箔は金箔を摺込んだ全面に、牡丹と扇を絡ませた刺繍を加えたもので、艶やかさと気品をそなえている。
三番目物(一日の演能の中心をなす幽玄味の強い曲)の「東北・野宮・三輪・龍田」など、優雅な舞を中心とする能の、シテ(主役)の着付けに適している。
(裄66.0cm、丈147.0㎝)
問い合わせ先 傷みの少ないものに限り不定期で公開

公開の有無:無