検索結果

素懸水浅葱糸威腹巻 兜、頬当、壺袖、籠手、臑当、佩楯付 (すがけみずあさぎいとおどしはらまき かぶと、ほおあて、こそで、こて、すねあて、はいだてつき)


名称(事業名) 素懸水浅葱糸威腹巻 兜、頬当、壺袖、籠手、臑当、佩楯付
ふりがな すがけみずあさぎいとおどしはらまき かぶと、ほおあて、こそで、こて、すねあて、はいだてつき
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和34(1959)年 12月 4日
所在地(市町村) 米沢市丸の内1-4-13
所有者(実施団体名) 上杉神社
概要
(活動状況等)
 兜、頬当、壺袖(こそで)、籠手(こて)、臑当(すねあて)、佩楯(はいだて)付である。立挙は前二段、後三段、長側(衡胴(かぶきどう))は三段で、草摺は黒漆塗り本小札で、六間四段下りとする。
 兜は黒漆塗りの筋兜で、眉庇(まびさし)上の中央に、日輪と鍬形を配した、金銅製の前立を据える。
 第9代米沢藩主上杉治憲(鷹山)の所用で、江戸時代の作と伝えられる。ただし治憲の年譜に甲冑製作の記録はなく、実家の高鍋藩秋月家から持参したか、または贈られたものとも考えられる。
問い合わせ先 上杉神社宝物殿稽照殿社務所
期間限定での公開

公開の有無:有
Tel:0238-22-3189