検索結果

朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付 (しゅぬりくろいとおどしにまいどうぐそく かぶと、 こぐそくつき)


名称(事業名) 朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付
ふりがな しゅぬりくろいとおどしにまいどうぐそく かぶと、 こぐそくつき
指定区分 県指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和61(1986)年 8月 12日
所在地(市町村) 鶴岡市家中新町10-18
所有者(実施団体名) (公財)致道博物館
概要
(活動状況等)
庄内藩主酒井氏の先祖、酒井忠次所用のものである。
革製朱塗切付札を、黒糸で毛引に威した二枚胴具足で、左下に鼻紙袋をつけ、袖は仕付袖、肩に折返しの冠板があり、以下を、鎖繋ぎとした籠手を付けている。
兜は頭形(ずなり)、木製金箔押の大鹿角の脇立等、桃山時代と推定される。製作もよく、忠次伝来も首肯される、貴重な当世具足である。
問い合わせ先 期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付