検索結果

紙本墨書 明月記断簡 藤原定家筆 (しほんぼくしょ めいげつきだんかん ふじわらさだいえひつ)


名称(事業名) 紙本墨書 明月記断簡 藤原定家筆
ふりがな しほんぼくしょ めいげつきだんかん ふじわらさだいえひつ
指定区分 県指定文化財 書跡
指定年月日 昭和38(1963)年 1月 22日
所在地(市町村) 山形市五日町2-10
所有者(実施団体名) 靜松寺
概要
(活動状況等)
『新古今和歌集』『小倉百人一首』の撰者と言われる藤原定家(1162~1241年)は、19歳の治承4年(1180年)2月から80歳で逝去する前の仁治2年(1241年)8月まで、『明月記』と呼ばれる日記を書き続けた。
この『明月記』断簡は、鎌倉時代初期の建保元年(1213)正月17日・18日の両日の条にあたり、定家の中年期の筆跡である。定家は年齢によって、書風に多少の変化が見られるが、この断簡の筆跡は、技巧を弄することのない、自然で、しかも変化に富んだ雅趣のある書体であり、格調の高いものがある。
(縦28.5㎝、横48㎝)
問い合わせ先 静松寺 

公開の有無:無
Tel:023-644-5913