検索結果

大泉叢誌 (たいせんそうし)


名称(事業名) 大泉叢誌
ふりがな たいせんそうし
指定区分 県指定文化財 典籍
指定年月日 昭和28(1953)年 8月 31日
所在地(市町村) 鶴岡市家中新町10-18
所有者(実施団体名) (公財)致道博物館
概要
(活動状況等)
『大泉叢誌』は、半紙判の袋綴りで、139冊と附図35枚が、1箱に収められている。
 文化4年(1807年)、ある罪によって蟄居(ちっきょ)に処された庄内藩士、板尾宋吾が、蟄居中に庄内の古記録を記述・整理して編集した。以来、子の万年、孫の清風と3代にわたって執筆を継続し、完成したものである。
 地方史関係古文書のほか、『三山雅集』や『出羽風土略記』・『鶴岡昔雑談』等の郷土の古書、地方史関係の諸記録を網羅し、庄内の「群書類從」ともいわれる貴重な文献である。
 同藩の『弘采録』の著者池田玄斎が、文化11年(1814年)の秋に序文を書いている。
 なお、明治年間(1868~1912年)に、黒崎与八郎が5巻を増補して、現在の冊数となっている。
問い合わせ先 期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:大泉叢誌