検索結果

鶏肋編 (けいろくへん)


名称(事業名) 鶏肋編
ふりがな けいろくへん
指定区分 県指定文化財 典籍
指定年月日 昭和28(1953)年 8月 31日
所在地(市町村) 鶴岡市家中新町10-18
所有者(実施団体名) (公財)致道博物館
概要
(活動状況等)
美濃判の袋綴りで、本編84冊、深秘部7冊、目録1冊、計92冊である。庄内藩士加藤正從(まさより)の編集によるものである。
父の正識が古文書を集めることに心を用いたので、そのあとを継いで、文化3年(1806年)4月編さんに着手、天保5年(1834年)11月まで調査・執筆した、貴重な地方史資料である。庄内藩酒井氏のみならず、庄内の旧主武藤・上杉・最上の3氏の記録も掲載されている。
正從は通称多太夫、秋月・芝蘭堂の号があり、書にも長じた。また、学才があり、文化2年(1805年)藩校致道館の創建と共に、司書を命ぜられた。この『鶏肋編』のほか、著書に『秋の終夜』・『敝箒』等がある。
『山形県史』資料編の5巻・6巻に、『鶏肋編』の全文が収録・刊行された。
問い合わせ先 期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:鶏肋編