検索結果

お花山古墳群出土品 附 鉄鏃残欠一括 円筒埴輪残欠一括 (おはなやまこふんぐんしゅつどひん つけたり てつぞくざんけついっかつ えんとうはにわざんけついっかつ)


名称(事業名) お花山古墳群出土品 附 鉄鏃残欠一括 円筒埴輪残欠一括
ふりがな おはなやまこふんぐんしゅつどひん つけたり てつぞくざんけついっかつ えんとうはにわざんけついっかつ
指定区分 県指定文化財 考古資料
指定年月日 平成11(1999)年 12月 3日
所在地(市町村) 上山市中山字壁屋敷5608
所有者(実施団体名) 山形県
概要
(活動状況等)
 本古墳群出土品は、昭和57・58年(1982・83年)に県教委により行われた東北横断自動車道酒田線建設に際しての緊急発掘調査によるものである。
 24基の木棺や箱式石棺、周壕などから出土した。1号墳は径14m程の円墳で墳丘は失われていたが、割竹形木棺2棺が発見された。このうち1号棺からは変形捩文鏡(へんけいねじもんきょう)・めのう製勾玉3点・碧玉製管玉ガラス製534点・他に紡錘車・竪櫛・鉄釼把部などが出土した。同じく10号棺からは鉄釼・刀子・鉄鏃・竪櫛残片等が出土した。23号墳からは乳文鏡1面が出土している。この他、各古墳から鉄鏃、土師器・須恵器等が出土し、指定数は755点を数える。これに、円筒埴輪片、鉄鏃一括が附けられている。
 5世紀後半から7世紀に築造された古墳群と考えられる。
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:お花山古墳群出土品 附 鉄鏃残欠一括 円筒埴輪残欠一括