検索結果

正中二年大日板碑 (しょうちゅうにねんだいにちいたび)


名称(事業名) 正中二年大日板碑
ふりがな しょうちゅうにねんだいにちいたび
指定区分 県指定文化財 歴史資料
指定年月日 昭和27(1952)年 4月 1日
所在地(市町村) 上山市軽井沢一丁目962-1
所有者(実施団体名) 湯町地区
概要
(活動状況等)
 鎌倉時代末期の正中2年(1325年)のものである。安山岩の自然石を利用し、高さ1.29m、中央部の幅69.7㎝、厚さ12.1㎝である。上部3分の1程で割れているが、欠失することなくそのまま保存されている。上部に種子アーンク(胎蔵界大日)を刻み、その下中央に「正仲二年乙丑三月十日孝子敬白」、右に「右志者為」、左に「慈父母霊也」と三行にわたって刻まれている。亡両親の追善供養、庶民信仰の中での造立されたものであろう。
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:正中二年大日板碑